2015年05月24日

パッチ3.0新スキル「占星術士」編

2015年5月22日に開催された第21回プロデューサーレターライブの内容から抜粋です。
※調整中あるいは未発表の仕様もあり、今後、変更される可能性もあります。

・「月詠み」と「星詠み」という2つのスタンスを持つ。白魔導士のような回復主体のスタンスと、学者のようなバリア主体のスタンスという位置づけ。これらのスタンスの違いによって、各種スキルの効果が変わってくる。

・6種類のカードをランダムで引いて、それを使ってバフをかけていくシステム。効果は、攻撃力アップ、ヘイスト、被ダメージダウンなどがある。

・「ロイヤルロード」といって、引いたカードを場に伏せて、次に発動するカードの効果を強化(効果量や効果時間の増加、効果の範囲化など)することもできる。

・引いたカードを一時的に「キープ」しておくこともできる。これは良い効果(近い将来使いたい効果)のカードを引いたときに使うものと思われる。

・引いたカードが期待する効果でなかった場合、「シャッフル」して引き直すこともできる。


ラベル:FF14
posted by わんこ at 02:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。