2015年05月19日

ACT SpecialSpellTimerでリジェネの残り効果時間を表示する方法

パーティーメンバーのバフ状況はパーティーリストを見て確認している人が多いと思いますが、
・自分がかけたのか他人がかけたのか分からない
・効果時間がどのくらい残っているのか分からない
といった問題があります。とくに白魔導師なんてものをやっていますと、タンクのリジェネを維持するシーンがありますが、白が複数いるパーティーだと自分のかけたリジェネが切れたのか残っているのか分からず、無駄にリジェネを更新してMP効率を落としてしまうことも多々あります。
ACT SpecialSpellTimerで女神や気合のリキャストを表示する方法」を応用して、自分がかけたリジェネの効果時間があとどれくらいで切れるのかを表示する方法です。本記事では、「ACT SpecialSpellTimerで女神や気合のリキャストを表示する方法」をベースにして簡潔に書かれていますので、詳細はそちらをご参考ください。

リジェネ.png

上の画像のHPバーの下に表示されている緑色の残り効果バーが自分がかけたリジェネの残り効果時間を示しています。かけた直後はバーが最大で、徐々にバーが短くなって、リジェネが切れるとバーも消えます。

「もの」と「テクノロジー」の新情報サイト【ものテク】オープン!


【Step1】テンプレートの作成
今回は8人(自分自身には不要なら7人)×1種(リジェネ)=8個のスキルパネルを作成します。設定項目やパラメータは上記の関連記事を参考にしてください。設定が異なる部分は、下記になります。
・表示するパネルの名前:(例)パーティーメンバーへのリジェネ
・ログに対するマッチングワード:05:(名前) gains the effect of リジェネ from <me> ※名前は自キャラの名前やパーティメンバーの代名詞(<2>など)
・スキルのリキャスト時間:21秒 ※今回の用途ではリジェネの効果時間
・進行方向を逆にする:ON
・バーのアウトラインの色:(0、128、0) ※これはお好みで

【Step2】パネルの増殖
Step1のパネルをコピペして、8個のパネルを作ってください。実際にはコピペという機能はありませんので、パネルを選択して「追加」ボタンをクリックし、名前を変更すれば新しいパネルが作成されます。
・表示するパネルの名前:(例)パーティーメンバー<2>への「リジェネ」

【Step3】パネルの位置設定
パーティーリストのHPに重ねるように表示するため、位置を調整します。私のHUD設定(パーティーリストのオフセットX18Y75)の場合、以下のようになります。
・<me>のHP⇒(59、127)
・<2>のHP⇒(59、167)
・<3>のHP⇒(59、207)
・<4>のHP⇒(59、247)
・<5>のHP⇒(59、287)
・<6>のHP⇒(59、327)
・<7>のHP⇒(59、367)
・<8>のHP⇒(59、407)

【Step4】オプション設定
関連記事と同じです。

【Step5】整列マクロの準備
関連記事と同じです。

以上で、自分がパーティーメンバーに対してかけたリジェネの残り効果バーが表示され、効果が切れるとプログレスバーが消えるようになります。複数の白がいても、自分のかけたリジェネの残り効果時間が見やすくなり、適切なタイミングで更新できるようになると思います。


ラベル:FF14 ACT
posted by わんこ at 03:56| Comment(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。